1. HOME
  2. SHAPER INDEX
  3. BEN AIPA

BEN AIPA title

BEN AIPA image
BEN AIPA

1941年ホノルル生まれ、三人兄弟の次男のBen Aipaはスポーツにも優れ、高校時代はアメリカンフットボールと水泳競技に明け暮れ、卒業後、アマチュアフットボール選手として活躍。178センチ、108キロの体格を活かしていたが、仕事中の負傷により選手生命は絶たれた。
その後、この天国みたいなHAWAIIで出来ることを模索していたがあるときサーフードを借りる。ベンは1962年初めて23歳でパドルアウトし、最初の波でテイクオフし波に最後まで乗ったのだった。それがきっかけとなりその後一年間は365日をサーフィンに費やした。ベンは1965年26歳で始めて大会に参加し優勝した。ベンが1966年にシェーピングを始めたころはサーフ全体が変化していたころだった。ベン曰く:僕はそこにいたんだ、そこで、僕の目の前でサーフィンの全てが進化して変わるのを見たんだ。
みな伝統的な'タンカー'よりも短い9フィート以下の板に興味を示していた。1966年はナット・ヤングが9フィートのボードで世界アマチュアコンテストを優勝したが1968年にはハワイアン、カリフォルニア人、オーストラリア人皆がプエルトリコにそれぞれのバージョンのショートボードを持参して集まり世界選手権が開かれていた。
1972年オーシャンサイドの世界選手権にBenAipaのライダーであるマイケル・ホとラリー・バートルマンが2人、勝ち残った事で大きな変化を齎したんだ。スワロー(ツバメ)と名付けたのは、あのツバメの素早いターンを表してのことだった。

※左右の矢印をクリックで、ページが変わります

前へ

次へ

※ボード画像はイメージですので実物とは異なる事がありますのでご了承ください。画像のコピーはお断りしております。

PAGE TOP